XMのまとめ

XM(海外FX)のスプレッド

そもそもスプレッドって何?

スプレッドとは簡単に言うと投資家がFX業者に支払う手数料です。

FX取引は各FX業者で行えますがもちろんタダでFX業者を使用することはできません。インターバンク市場と投資家を繋ぐ仲介業者であるFX業者にはスプレッドという手数料を支払う必要があるのです。

またスプレッドは「狭い」「広い」と表されます。スプレッドが狭いとは手数料が安いこと、スプレッドが広いというのは手数料が高いということです。

スプレットの単位

スプレッドはpips(ピプス)という単位で表されます。

円換算ですと1pipsは1銭(1銭は0.01円)。

例えばドル円の買値が100.05で売値が100.00の場合スプレッドは5pipsです。この場合1万通貨を購入しようとすると100万500円かかり、1万通貨を売ろうとすると100万円となります。

先ほどスプレッドは手数料だと申しましたが上の例ですと500円が手数料です。

スプレッドの変動

プレッドは2種類あり、固定スプレッドと変動スプレッドがあり注意が必要です。

固定スプレッドは変化しませんが、変動スプレッドは常に価格が変化していきます。

海外FX会社XMのスプレッドについて

XMには三つのコースが設定されています。マイクロは1000通貨単位から取引ができ、巣スタンダードは10万通貨からの取引となりますが、実質的には1万通貨でも取引可能となっています。また最近設定されたXMZeroはいわゆるNDD方式により0スプレッドが示現する口座で業者マージンは外だしになっているものです。取引額は10万通貨からとなっています。

平均しますとスプレッドはマイクロ、スタンダードともに結構広くドル円で2.6銭程度もっていかれますから本来はそれほどスキャルピングに向いているわけではありませんが、888倍のレバレッジを使うためには仕方ないといった感じです。

XMは1,000通貨からも取引ができる

このスタンダード口座やZero口座は10万通貨からになっていますが0.01枚からも購入ができるので事実上1000通貨ペアでも取引が可能となるのです。そういう意味では1000通貨単位のマイクロ口座なら10通貨単位からでも売買は可能となります。資金がたまってくれば、マイクロ口座からスタンダード口座に移動すると実は猛烈に利益獲得機会が増すことになります。

10万通貨でドル円を1枚購入すると証拠金は1万3500円ほどですが、これで1円上下に移動しますとなんと100万円の利益もしくは損失がでることになるからです。当然相場の流れと逆さまにポジションを作れば100万円は含み損になりますから何の足しにもなりませんが、流れに乗れれば一回の取引で莫大な利益を上げることができるようになるのです。

このあたりの話は、国内の25倍レバレッジ取引ではまったく想定できないスケールとなってきますが、もちろん毎日100万円を目指せるわけではありません。米国の雇用統計後などに大きく動きがある時にしかけると驚くほど大きくとれることがあるということになるわけです。手数を出さないで一回1円程度の動きを狙って大もうけという方法もハイレバレッジ取引には存在するのです。

海外FX業者はスプレッドはそもそも広い設定

まず理解しておく必要があるのは海外FX業者と国内FX業者は採用している取引方法が違うということです。

国内FX業者 → 相対取引(DD取引・店頭取引・OTC取引)

顧客の注文を実際に売買せずに、FX業者自体が「呑む(のむ)」取引方法

海外FX業者 → NDD取引(ノン・ディーリング・デスク取引)

顧客の注文をそのままインターバンク市場に流して、実際に通貨の売買をする取引方法

国内FX業者は注文を胴元として「呑む」のですから、実際に通貨の売買をしていないので、取引にかかるコストがないのです。当然、スプレッドも自社の利益が稼げれば良いだけなので、狭く設定できるのです。

・米ドル/円 0.2pips~

ぐらいのスプレッド設定も少なくありません。

一方、海外FX業者は実際に通貨の売買をしています。売買をすれば、そこに人件費は売買にかかわる手数料が発生してしまいますから、その分スプレッドは広くなってしまうのです。

・米ドル/円 1.0pips~

が相場と言っていいでしょう。

「国内FX業者の方が良いのか?」

というとことはそう単純ではありません。

国内FX業者の相対取引の場合は、FX業者自体が注文を「呑む(のむ)」のですから、投資家が負ければ負けるほど国内FX業者が儲かる仕組みとなっています。結局、国内FX業者は投資家が負けることを望んでいて、そのためにブラックホールのトレードプラットフォームを採用しているのです。ストップ狩りやスリッページ、意図的なシステムダウンなど、ブラックボックスですから国内FX業者はやり放題と言ってもいいでしょう。

結果として、スプレッドが広くても、約定力の高い、透明性の高い海外FX業者を選ぶ投資家が増加しているのです。

XMのスプレッド

口座の種類 取引手数料
(片道)
最小スプレッド
米ドル/円
最小スプレッド
ユーロ/円
最小スプレッド
英ポンド/円
最小スプレッド
豪ドル/円
最小スプレッド
カナダドル/円
最小スプレッド
ユーロ/米ドル
最小スプレッド
豪ドル/米ドル
マイクロ口座/STP 無料 1.00 1.00 1.80 1.00 1.40 1.00 1.00
スタンダード口座/STP 無料 1.00 1.00 1.80 1.00 1.00 1.00 1.00
ゼロ口座/ECN 5ドル 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00

トレードコスト合算(手数料込)

口座の種類 取引手数料
(片道)
トレードコスト合計
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
トレードコスト合計
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
マイクロ口座/STP 無料 1.00 1.80
スタンダード口座/STP 無料 1.00 1.80
ゼロ口座/ECN 5ドル 1.00 1.45

XMスプレッドの評判の良い点

・海外FX業者の中では標準的なスプレッド設定
・ゼロ口座なら取引手数料5ドル(0.5pips相当)が発生する代わりにスプレッドは0.0pips~
・平均スプレッドも公開している透明性の高い海外FX業者

XMスプレッドの評判の悪い点

・国内FX業者と比較すればスプレッドは広い
・海外FX業者にも、XM(エックスエム)よりスプレッドの狭い業者はある

XMスプレッドに関する考察

スプレッドは国内FX業者と比較して広くなってしまうのは、取引方法の違いからくる宿命みたいなものですから、それ自体は問題はないと考えられます。

とくにゼロ口座を使えば、1ロット(10万通貨取引)で取引手数料5ドル(0.5pips相当)が発生する代わりにスプレッドは0.0pips~で利用することができます。外付けの取引手数料の方が、スプレッドの変動幅も小さく済むので、スプレッドが広がりやすい指標発表時なども影響は小さくなるのです。

海外FX業者には、XM(エックスエム)よりもスプレッドが狭い業者もあるのですが、そうなると今度は信頼性や日本語対応に不安がある形になります。

XM(エックスエム)のスプレッドは、投資家にとってはもう少し狭くしてほしいというのが本音だと思いますが、約定力が高く、スリッページも発生しない分、XM(エックスエム)のスプレッドでも満足できるという投資家が多いのです。

まとめ

XM(エックスエム)スプレッドの評判は可もなく、不可もなくという感じです。

国内FX業者とスプレッド比較するときは、取引方法の違いと取引方法によるメリットデメリットにも目を向ける必要があります。

クリック協力お願い致しますm(_ _)m

XM(海外FX)の口座開設は下記のバナーから!